T007の制作に入りました。

クルミの木

チェーンソーで!

自然素材ならではの意外性が出てくる。

ちょっとバールでほじくっただけでポロポロとこぼれ落ちる。

この辺りはもはや土(つち)のよう。でもこういうあたりにまた大地で育まれた自然の力を感じる。

こんな想定外も(想定外があることは想定しているけど…)、自然素材ならではのこと。


自分の感性に推し込めるのではなく、常に素材と会話しながら形にしていく。


自然の生命力を生かしたい。

かといって自然物そのままでは自分の作品にならない。


だからこそ、

まるで木の生きざまと自分の生きざまが合わるような…

そしてそれが作品となって、また新たな命として生まれるような…

そんな作品をつくりたい。

TOMOSAKU TAKAE

Tstool® Driftwoods wearing shoes 靴を履いた流木たち

0コメント

  • 1000 / 1000